達人の動画&ブログMASTER’S MOVIE&BLOG

不動産会社がミスをしたから仲介手数料を払わない!は許される?

達人の動画&ブログ
2023.12.06

裁判事例

今回は、買い主側が不動産会社の対応が悪かったことを理由に、仲介手数料を払わないと主張した案件です。

このケースでは、ある不動産会社の仲介で1,600万円のマンションを購入した買い主が、不動産会社の広告や、担当者の内覧時の説明不足、銀行ローン手続き代行時の対応の悪さに不満を持って、仲介手数料を払わないと主張したんですね。

そもそも仲介手数料というのは、不動産の売買を不動産会社にお願いしたときの手数料です。

おおまかに言えば、不動産が売買できたときの成功報酬で、取引額が400万円を超える場合は、売り主も買い主も売却価格の3%+6万円を上限として、不動産会社に支払わなければなりません。

つまり、仲介によって売買が成立したのであれば、売り主と買い主には仲介手数料を支払うのです。
そのため、不動産会社は仲介手数料の支払いを求めて、買い主を提訴しました。

裁判の判決内容は、不動産会社が著しく約束を破ったり、事実と違ったりした対応まではなかったとして、買い主に仲介手数料の支払いを命じました。

このケースの問題点は、大きな間違いや失敗とまでは言えませんが、不動産会社の対応にも誠実さや正確さが欠け、買い主の信頼を得られなかったことです。

不動産の売買をスムーズに進めるためには、
信頼のできる不動産会社を選んで売買の仲介を依頼することと、
その会社の担当者が信頼できるかどうか、が重要なポイントになります。

そのため、ホームページに載っていないクチコミなどで、不動産会社の評判や実績、サポート体制をあらかじめ調べておくのがおすすめです。

また、実際の売却サポートは担当者が行うため、人間性や自分との相性も含めて、担当者が信頼できるか見極めましょう。

複数の不動産会社の中から、信頼できる会社や担当者を選べれば余計なストレスもなく、安心して売買を進められますよね。


相続・空き家対策、離婚、返済に困ったら… 不動産売却を成功に導く小冊子をプレゼント!

住み替えや相続対策、空き家対策、離婚した際の対応など、不動産売却を成功に導くノウハウをお悩み別にまとめた小冊子をダウンロードいただけます。
 
不動産売却で失敗しないための方法をイチから調べていくのはたいへんですよね。
そこで、不動産売却で気をつけるべき点をまとめた小冊子を作成しました。
ぜひ、不動産売却で成功するための手引きとしてご活用ください。
 
小冊子をダウンロードいただくと、不動産売却に関するノウハウをまとめた動画もご視聴いただけます。

「対応エリア」で都道府県を選択して検索してください。